部下指導のコーチング

K4

a10

「力を引き出す」「思考力を育てる」関わり方として、1980年代に生まれたのが「コーチング」。

コーチングは、アドバイスを一旦脇に置いて、「話を聴き現状を整理する」「部下が自らどうしたらいいかを考える場を作る」「質問によって様々な視点から考えられるように促す」「褒める・認めることによりやる気を引き出し、その上で叱るべきところは叱る」などをサポートする手法です。

「言われたことをただやる」部下ではなく、現状・経験をもとに「どうしたらいいか?」「何ができるか」を自ら考え行動できるようになる。そのような人材を育成するために作られたのがコーチングの指導法です。

コーチングを個人の問題解決や目標達成に、または組織の中での指導に10年以上活用してきた私がはっきり言えるのは、「コーチングは指導に大きな力を発揮する」ということです。
特に、「考える力と行動力」を引き出すのに、コーチング以上の関わり方はまだ見つかりません。

しかしながら、そのコーチングが機能するためには、次の3つの理由から「傾聴できるようになること」が絶対です。

1)傾聴(相手の話を聴き受け止める力)ができないと、そもそも相手は本音を話してくれない。
  よって、コーチング質問も機能しない。
2)傾聴するだけで、人は思考の整理ができ、そこから新しいアイディアや、やる気が生まれる。
3)傾聴をするからこそ、相手の正確な情報がわかり、それに合わせた最も適切な質問を与えることができる。

「コーチングは傾聴力こそ全て」が、私が10年を超えるコーチングで出した答えです。

以上のことから、マイコーチングオフィスのコーチング研修では、特に「傾聴力の習得」に力を入れ、「現場で使える」コーチングを提供しています。
 

top3


研修時間&内容

下記の内容を組み合わせた2時間研修〜半日・1日・2日研修を作成いたします。

※研修はヒアリングの上、貴社のご希望に合わせたものを作成いたします。
※「数回に分けて行いたい」などのご希望がありましたらお知らせ下さい。


【コーチングとは】
       
◆コーチングの歴史と効果  
◆コーチングの3つのスキル
◆コーチングとアドバイスの違い  
◆コーチングの実例     
◆コーチングの活用シーン  


【コーチング傾聴術】

◆コーチング傾聴の効果と活用場面
◆コーチングの聴くとは何をすることか?
◆信頼関係の作り方     
◆傾聴の基本の形
◆相手の話を頭に入れる練習
◆話を聞いてもらえている!と思ってもらう聴き方
◆現状を具体的に整理する     
◆相手を否定しない
◆相手にペースを合わせる 
◆相手の「腹の声(本音)」を聴く 
◆「表情」「態度」「口調」を観察する
◆相手の価値観を聴き取る



【コーチング質問】
   
◆コーチング質問の種類と効果 
◆問題解決のプロセス       
◆思考力を引き出す質問   
◆提案型の質問     
◆目標とプランづくり       
◆視点を変える質問  
◆質問の答えの受け取り方



【承認のスキル
         
◆承認とその効果      
◆自己重要感を持たせる 
◆4つの承認の伝え方
◆褒め方・叱り方
◆長所を見つける方法


【コーチング応用編】

◆感覚別タイプ別アプローチ 
◆ライフウィールで目標を見つける   
◆教え方
◆コーチングの効果がない人とその対処法 
 




研修料金

2時間研修 6万円    半日研修 12万円    1日研修 18万円

※ご予算に合わせて調整いたしますので、お気軽にご相談ください
※交通費・宿泊費別途(札幌市以外での開催の場合)
 

講師

t02200293_03360448134973309141
マイコーチングオフィス代表 中村舞

札幌市在住。北海道拓殖銀行・北洋銀行勤務後、コーチングスクールのインストラクターを経て、企業の研修講師として活躍。わかりやすい実践型の研修として、営業を一切せず口コミだけで研修先が広がった実力派講師。詳しくはこちら