朝から浴衣でお仕事

札幌で創業80周年を迎える、老舗の呉服屋「島屋」さん。
https://simaya.exblog.jp/
私が所属する札幌市倫理法人会で、今日は店長の島崎拳さんをお迎えしてのモーニングセミナーでした。
「島屋」さんで、2年前に浴衣を購入。「島屋」さんの浴衣は、全て日本製。職人さんが手間暇かけて作った、手作りの生地に、オーダーメイドで自分の体型に合わせて仕立ててもらいます。着心地から質感から、既製品とは全然違う!
その浴衣を着て、今日はお出迎えです。
34365047_1564396563682933_3967468046745862144_n
店長の拳さんとは経営者仲間で、2年間同じグループで学んだことも。いつもは冗談ばかりの拳さんですが、この日は着物の話から日本の文化の素晴らしさまでいろんな話をしていただきました。

その中でも一番印象に残っている話は、「お米」のこと。
よく、お米には7人の神様がついていると言いますよね。
実は、炊く前の米粒をよくみると、7本の線が入っているのだとか!!
米粒一つ絶対に残さないという拳さんの話を聞いて、私もそうしよう!と心に誓いました。
34500173_1564396567016266_3165029802071556096_n
こんなに素敵に浴衣を気つけてくれたのは、写真の右端の、私が日頃から「姐さん」と呼ぶ、大沢一華さん。この日は、帯を「あやめ」に見立てて結んでくれました。素敵でしょう!!

姐さんの着付けは「早い・ラク・崩れない」。一度姐さんが忙しくて、違う人に着物を着付けてもらったことがあるのですが、時間が経つにつれて胸が苦しくなって、「姐さんの着付けと全然違う!」とびっくりしたことを覚えています。
美容師の資格ももち、髪の毛から全てトータルでセットしてくれます。着物や浴衣の帯は、その時のインスピレーションで、驚くくらいに素敵に仕上げてくれる!!
 
今日はまだ5月。浴衣には早い季節ということで、着物風に半襟をつけての浴衣姿。TPOにしっかりと合わせてくれる頼もしい(そしてとっても優しくてお茶目で大好きな)姐さんです。

きものトータルビューティーailes(エール)
連絡先 motoka19690301@@gmail.com
(↑こちらのアドレスの@を一つとって送信してください)