「命令」じゃなくて「お願い」しよう

コミュニケーション関係の講座、または個人セッションでよく話題になるのが、「お願いの仕方」です。

皆様は、周りの方に何かをお願いする場合、どのように伝えていますか?

先日お話したある方は、
「なんで○○してくれないの??」がお願いの言葉になっていました。

「ちょっと・・・こういう場合はこうするでしょ?」
「これ、やっておけよ」
「○○してくれてもいいんじゃない?」
「もっとこうしてよ」

という言葉も、よくあります。

改めて文字にすると、「これってお願いじゃなくて、命令または人を責める言葉だなあ」と思われる方もいると思うのですが、これらは私たちが人に何かを頼む時に、職場や家庭でよく使っている言葉なんです。


実は、これらの言葉は、私もコミュニケーションを学ぶ前に、よく使っていた言葉です(*^^*)
結果どうなるか・・。もちろん、職場でも家庭でも、いい結果には繋がりませんでした(苦笑)


「なんで○○してくれないの??」
→「○○してもらえたら嬉しい、助かる」

「ちょっと・・・こういう場合はこうするでしょ?」
→「この場合は、こうしてもらえるかな?」

「これ、やっておけよ」
→「これ、やっておいてもらえる?」

「○○してくれてもいいんじゃない?」
→「○○してほしい」「してもらえると助かる」

「もっとこうしてよ」
→「こういう理由から、こうしてもらえると嬉しい、助かる」

と、少し言い方を変えるだけで・・・どうでしょう?印象がガラッと変わりますよね(^ ^)

いつも口喧嘩ばかり・・という方や、お願いしても相手が受け止めてくれない、という方がいたら、自分の言い方をすこーし変えてみましょう♫