身近な人と上手くいくために〜大切な価値観を理解する〜

【2016年3月のブログ、書き起こし版です】



今日は、久しぶりに家でゆっくり・・・お休みの日☆☆

夜に友人との飲み会があるので、それまでは、掃除してみたり、英語を勉強したり、一人だらだらする日です。

私は、家で一人で「ぽけら~(*_*)」過ごすのが、とっても好きです。ぱっと見、アクティブに見られるのですが、とんでもない!!引きこもれるなら、3日でも4日でも、一歩も外に出ずに、家に居続けることができる体質(笑)その時間がないと、ストレス解消ができないのです。


疲れがたまった時は、とにかく、家で、できたら一人で、(*_*)こーんな感じで、とくに何をするわけでもなく、だらだら過ごす。そうすると、元気がチャージされます☆☆☆


私の旦那さまは、疲れやストレスがたまると、「外に出たくなる」タイプ。外に出て、目的もなくブラブラしていると、元気がチャージされるのだそう。

なので、二人そろっての休日は・・・お互いが希望する過ごし方が違うので、少し調整が必要です。今日は、旦那さまは仕事で一日いないので、自由に、ゆーっくり、一人でのんびりタイムを満喫です(*^_^*


コーチングで、「大切な価値観」という考え方があります。

「私たちは誰でも、「これが好き」「これが大事」という、自分だけの価値観を持っている」というもの。


コーチングやセルフコーチングの講座で、この価値観探しをすることもあるのですが、10人いたら10人が、100人いたら100人が、皆「自分だけの好き・大事」を持っていて、「人ってやっぱり違うんだなあ・・・」と、いつもいつも、当たり前のことではありながら、学びになります。


例えば、休日の過ごし方一つにしても。私のように、家でゆっくり・・が好きな人もいれば、外に出て活動したい人もいる。家でゆっくり・・でも、家の中で活動することが好きな人もいれば(料理をつくるなど)私のように、ほんとに何もしないことが至福な人もいる。家で家族みんなで過ごす・・という人もいるでしょう。


外に出る人も、友人たちと会うことが目的の人もいれば、私の旦那さまのように、一人で目的もなくブラブラ・・がいい人や何かを学びにいきたい人や、運動する人や・・

ほんと、いろんな「その人が好きな過ごし方・状態」があるんです。


例えば、旦那さまと休日の過ごし方で話し合う時などは、この「大切な価値観」を、忘れないようにして話し合います。

私にとっては○○が大事。でもこの人にとっては△△が大事。じゃあ、両方満たせるものは何だろう??


私は、こういう話し合いを、コーチングの傾聴や大切な価値観を学んでからやっとできるようになりました。


それまでは・・・「私はこうしたいの!!」と、自分の希望ばかりを押し付けたり、「なんで?そんな行動おかしいよ」と、自分と違う過ごし方や行動を望む人を、どこかで「変」と思っていたんですね。

なぜなら、自分の考え・あり方のみが、世界の中心だったから。「こうするべき」「これが正しい」「どうして○○するの??」ばかりだったのです。結果、パートナーシップにしても、友人関係にしても、職場でも、たくさんのストレスがありました。


お互いが、それぞれに大事なものがある。それは、違っててあたりまえだし、どっちがいい悪いではない。それを本当に理解してからは、どちらを優先するか??ではなく、どうしたら、お互いが一番満たされるか?を考える、アイディア勝負になりました。


職場の人や、友人たちはもちろんのこと、一番身近にいる家族にしても・・「絶対に」価値観は違います。


もっと言えば、コミュニケーションのとり方も、心地よい距離感も、愛情表現も、記念日の過ごし方も、心地よいと思う住環境の基準も、何かに対する考え方や感じ方も、全部違う!!


ほんの少しだけ、「自分はこう!」にプラスして、「この人はどうなのかな?」「お互いのあり方を尊重できる関わり方はないか」という視点を持つと、自分もラクになるし、もっといい関係が築けるかもしれません


そういう私は、今でも気をつけてないと、「自分はこう!」で終わってしまうこと、いっぱりあります(苦笑)なので、日々人と関わることでストレスを感じるたびに、「あ、人は違うんだ!」と思いだして・・の繰り返しです(^_^;)


人間関係、一生をかけて学ぶ場なんだなあ・・と思いますし・・また、学び続けていたいとも思います。


とはいえ。今日は・・・調整も必要ないので、自由に、ゆーっくり、のんびり、だらだら過ごすぞー!!


PB305109