コーチングの活用場面

Fotolia_15511179_XS
傾聴、質問、承認、3つのコミュニケーションスキルを使ったコーチングは、人と人が関わり合う様々なシーンで活用されています。


◆部下指導・人材育成/子育て/教育現場で
 
「人を育てる」会話として、活用されています。経験者のアドバイスを与えて教える・やらせるだけでなく、コーチング質問によって自分で考える「思考力」を養います。門問題解決や目標達成力の強化にも有効です。

コーチングの会話をすることで、部下や子供のことがよくわかり、時には本人さえも気づいてない能力や才能を引き出すこともできます。



◆医療・福祉の現場で

患者さんや利用者さんとの信頼関係を築く・自分のことを話してもらう、相手の前向きな気持ちになることをサポートするなど、医療・福祉の現場ではコーチングの会話が大きな力となります。    



◆良好な人間関係のためのコミュニケーションに

コミュニケーション術としてもコーチングは有効です。職場やプライベートで、傾聴を使って相手との信頼関係を深める、質問を使って楽しく会話を広げるなど、良好な関係を築くためのスキルを場に応じて使います。



◆自分自身に〜セルフコーチング〜

自分で自分に問いかけることで、自己成長を目指します。客観的に自分を見るために、紙に書き出したり、図や表などのツールを使うことも有効です。