コーチングってなあに?&3つのスキル

Fotolia_22652053_XS
コーチングは、「人の力を引き出し前進を促す会話法」です。

「人には、経験から学んだ知恵、生まれ持った資質(才能)がある」
「何がやる気を促すか、何が必要なのか?その答えは相手の中にある」
「それらを一緒に見つけ出し、行動し、相手の問題解決や目標達成を目指していこう」 
 

このような考えのもと、相手の持っている力を引き出す会話として生まれたのが、コーチングです。

私がたくさんの方とコーチングで関わって思うのは、「問題解決・目標達成」は、特別なものじゃないということ。

私自身も含め、生きていると色々な問題が起きてきます。また、自分がやってみたいことや、仕事やプライベートの「こうなりたい」という望みも出てきます。
 
人や環境が変わるのを待つのではなく、自ら前進する。
そのために何ができるのか?

コーチングは、前向きに生きる人生そのもの。その生き方を、会話を使ってサポートするのがコーチングです。

コーチングでは、「傾聴」「質問」「承認」の3つのコミュニケーションスキルを軸に会話をすすめていきます。
  
    
◆傾聴・・・相手の話を「聴く」スキル。自分の考え、価値判断を手放して、真っ白な心で相手の話を聴き、整理していきます。それにより、相手は自分自身を客観的に振り返ることができます。

◆質問・・・「問いかける」スキル。気づきや相手の内面の変化を促します。気づきを促す、やる気を引き出す、制限を超える、アイディアを引き出す、恐れや不安に気づく、プランを作る、など、様々な効果を生み出す質問があります。 

◆承認・・・「相手を認める」スキル。相手の素晴らしさ、強みや長所、感謝の言葉などを伝えることで、自己肯定感を高め、前進する勇気へ繋げます。