コーチングのサポート

Fotolia_30210369_XS
コーチングの特徴は、「問いかける」ことにより、答えを相手の中から引き出すサポートであること。

アドバイスや指示命令のように、こちら側の考えを相手に与えるのではなく、「あなたはどうなのか?どう思うのか?」と相手の答えを引き出す関わり方です。

人は、質問されると自動的に答えを探し始めます。    

「私はこんなことを考えていたんだ」
「今の自分には何が必要なんだろう?」
「本当はこうしたい。それを阻んでいるものは?」  
「自分らしい進み方、やり方は何だろう?」

周りから正論やアドバイスをもらっても、自分が納得できなければ、人は動きません。 しかし、「自分で考え、見つけた答え」なら、人は喜んで動きます。

また、相手のことは相手にしかわかりません。こちらがどれだけ適切なアドバイス(だと思うこと)を与えても、それはあくまでも「自分(こちら側)が考える、一番良いと思われる方法」でしかありません。

本音、今の状況、考えていること、感じていること、希望、不安、これからどうしたいか、何が必要か、何ができるか。それらを本当に知っているのは、相手だけです。

そして、それらを知った上で、これからどうするのかを決めることができるのも、相手だけです。


こちらが相手に耳を傾け、問いかけ引き出す関わり方をすることで、「自分を見つめ直し、考え、この先のことを自分で決める場」を与えるのことができる。それがコーチングのサポートです。